sakuraのみち

プロフィール

sakura♪♪♪

Author:sakura♪♪♪
広島県 広島市在住。
双子のような年子のお兄ちゃんと弟くん。
2人の男の子育児中。
ほんとに子供っておもしろい!
そんな日常を書いていきたいです。

FC2カウンター

いつもありがとうございます♪

みてみて~♪

みてみて♪

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク
FC2ブログランキング

ランキング参加中♪              ↓クリックしてもらえるとうれしいです↓

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅いお墓参り

私の実家のお墓参りにやっと行ってきました。

私のおばあちゃんのお墓。

おばあちゃんはけいとが産まれる1年前に亡くなりました。

そのころ、私はまだ若く、遊ぶことに夢中だった。

おばあちゃんとは一緒に住んでいたが、話すことも、顔を合わせることさえほとんどなかった。

パーキンソン病という難病で、寝たきりだった。

そんなある日、おばあちゃんが突然入院した。

父は、たいしたことじゃない。と言ったけど何故か胸騒ぎがした。

毎日父とお見舞いに行った。

お見舞いに行くうちに、いつも家でひとりぼっちだったおばあちゃんを思うと悲しくなっていた。

おばあちゃんが退院したら、毎日少しでも話をしようと思っていた。

が、おばあちゃんは病院で亡くなってしまった。

亡くなる直前に

『一緒に家に帰ろうよ!』
と言うと、意識はもうないはずのおばあちゃんは

『うん。』

と言った・・

私はそれから家族に対する考え方が変わった。

失ってからでは遅いのだ。
おばあちゃんが死んで、寂しい思いをさせたことを後悔して何日も泣いたけど、
今いる家族を大切にしようと思った。

それまでは家族のことを思うなどかけ離れただらけた生活をしていた。

大切なことに気づかせてくれたのはおばあちゃんだった・・・

もう、約10年前のことになるけどいまだにあのときの気持ちははっきり覚えている。

私の人生最大の転機だった。

おばあちゃんのお墓で手を合わせて、

おばあちゃんごめんね。ありがとう。

といつも想う。











いつもありがとうございます♪
 ↓ポチッとおねがいします



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
スポンサーサイト

COMMENTS

さくらちゃん。・゚・(ノε`)・゚・。・・・。あんたってヒトは・・・ほんとにいいコだなぁ~。
おばあちゃん、一緒に帰ろうの一言がどんなに嬉しかっただろうね。間に合ったよきっと。それまでさびしい思いをさせてた時間を埋めたと思うよ。はぁ~私も大事にしよi-189
ウメさん♪
私はあの出来事の前はどうしようもない人間だったと思うよ(;´д`)
あのまま親にはなれなかったな。今でもあんまり変わらないかもしれないけど(>_<)
私がいくら墓前や仏前で謝っても、死んでしまった人からの答えはないです。 でもそれでいいの(^_^) 一生忘れないと思うから(^_^)
SUBJECT
NAME
MAIL
HOME
PASS
COMMENT

TRACKBACKS

URL :

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEARCH THIS SITE
Designed by TABLE ENOCH
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。